建売住宅と注文住宅の違い

建売住宅ならばローンが組みやすい

家を建てようと思った時には、土地から探すか土地建物を一度に購入するのかで状況が変わります。建売住宅を選べば、最初から土地建物をセットで購入出来るので、購入手続きがスムーズに進みます。既に建物が建築済みのケースだけでなく、建設途中や更地段階でもモデルハウスが展示されていて、中の仕様が確認出来るようになっているなど、購入者のり弁製も向上しているわけです。
建売住宅を購入する際には、既に建物が出来上がっているならば、最終的な契約を行なう前に自分で依頼した建築士に欠陥住宅ではないか確認してもらうと良いでしょう。素人が見ても分からない瑕疵があった場合には、購入前に修繕依頼が出来ます。購入後に修繕が必要なことが分かっている場合には、最初から修繕費用分を値引き交渉することも可能です。

注文住宅なら自由な設計が可能です

注文住宅を選ぶ最大のメリットは、設計の自由度にあります。間取りから設備に至るまで、予算の許す限りで自由な設計が可能です。しかし、土地を既に所有していない場合には、土地購入手続きから始める必要があるので、土地購入時に注意が必要となります。なぜなら、土地を購入する際に建築条件付き土地の場合には、指定された建設業者を使わなければならないからです。
建物の工法には、在来工法だけでなくコンクリート造りや鉄骨構造など耐震性と間取りの自由度を高めた作りがあります。指定された建設業者が、自分で意図した工法を扱える技術力があるのか確認してから購入しなければなりません。天候や建設業者側の事情により、工期が延びることまで考慮した余裕を持った家造りを行なうと良いでしょう。

建売住宅の魅力は資金計画を練りやすいことです。注文住宅と違い、最初から土地と建物がセットになっており、ローンも組みやすいことがその理由です。