注文住宅ってなに?

分譲住宅と比較をすると分かりやすいですよ

注文住宅と言うと、分譲住宅とどう違うのだろうかと疑問に感じる人も多いのではないでしょうか。
分譲住宅は土地と建物がセットになっている一戸建て住宅で、注文住宅は土地と建物は別売りです。
また、土地を所有している人の場合には注文住宅で家を作る事が出来ますし、土地を持っていない人でも土地を購入すれば注文住宅で家を作る事が出来るようになっています。
分譲住宅の場合は、家の間取りや設備などが決まっているため、自由度がありませんが、注文住宅は家の間取りを考える事が出来る、家の中で利用するシステムキッチンやユニットバスなどの設備を自由に選ぶ事が出来るなど、家づくりを真っ白な状態から行えるのが注文住宅の特徴と魅力です。

注文住宅の家づくりはイメージを形に出来ます

注文住宅の家づくりを行う時には、家の見学を多数行っておくのがお勧めです。
自由設計が魅力な注文住宅は、イメージを形にすると言う方法になるため、イメージを作るためにも住宅展示場などに足を運び、色々な家を見学する事で満足出来る家づくりが可能になります。
また、住宅展示場には家を建築して貰う事が出来るハウスメーカーや工務店などのモデルルームがあり、気に入った工務店やハウスメーカーに注文住宅での家づくりを依頼する事も出来ます。
住宅展示場にあるモデルルームは規模が大きな家が多いのですが、モデルルームにあるような家をコンパクトにまとめた家の設計も出来ます。
更に、モデルルームの見学をすると、家づくりの工夫などを自分の目で見る事が出来ると言うメリットもあります。